skip to main content

アプライド マテリアルズ
サステナブルなサプライチェーンイニシアティブを発表

報道資料
2020 年 7 月 27 日
(日本時間)

  • サステナブルなサプライチェーンの構築を目指す今後 10 年のロードマップ 「SuCCESS2030」
  • 同日に発表された ESG(環境・社会・ガバナンス)目標に対する幅広いコミットメン トの一環
  • 排出削減、資源の節約、倫理・人権・ダイバーシティとインクルージョンの推進に向 け、主要サプライヤー各社が目標と戦略を共有

アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフ ォルニア州サンタクララ、社長 兼 CEO ゲイリー・E・ディッカーソン)は 7 月 21 日 (現地時間)、半導体・ディスプレイ製造分野でより持続可能かつ公正なサプライチェー ンの構築を目指す、重要なイニシアティブを新たに発表しました。

イニシアティブの名称は SuCCESS2030(Supply Chain Certification for Environmental and Social Sustainability:環境的・社会的サステナビリティに関するサプライチェーン 認定)で、エネルギー消費と排出の削減ならびに省資源化に向け、材料・部品の選定か ら、調達、パッケージング、倉庫保管、輸送、リサイクリングに至るまでの最適化を目指 します。さらに、サプライチェーン全体にわたって倫理、人権、ダイバーシティとインク ルージョンの推進を図ります。

アプライド マテリアルズのオペレーションズ&アフターマーケット クオリティ担当バイ スプレジデント、スティーブン・グスタフソン(Stephen Gustafson)は次のように話し ています。「当社はサステナビリティにコミットする立場から、当社の事業活動だけでな くサプライチェーンも対象に加え、業界全体にポジティブな影響を広めたいと考えていま す。この共同イニシアティブに参加してくださるサプライヤー各社に感謝します」

Intel の Fab Technology Sourcing 担当バイスプレジデント、Shaheen Dayal 氏は次のよ うに語っています。「業界をリードする SuCCESS2030 イニシアティブが本日発表されま したが、その方向性は Intel の 2030 年に向けた企業責任目標と合致しており、半導体の未 来を見据えた責任あるサステナブルな包括的サプライチェーンを構築するための中核とい えます。私たちは、個々の企業では対応できない広範な課題への取り組みが必要であると いう切迫感を共有しています。主要な組織、業界、国の縦断的なコラボレーションがなけ れば解決はできません」

SuCCESS イニシアティブに基づき、アプライド マテリアルズはサプライヤーのパフォー マンスと能力を評価する際に、新たに以下の共通目標へのコミットメントも求めます。

  • インターモーダル輸送(複合輸送)への移行を通じてサプライチェーンの CO2 排出 を減らし、航空貨物への依存を軽減。2024 年までに 15%の排出削減を暫定目標とす る。
  • リサイクル資材による梱包への移行を進め、2023 年末までに使用率 80%を目指す。
  • 金属表面の前処理において、リン酸の使用を 2024 年までに全廃。
  • ダイバーシティとインクルージョンの戦略を策定する。鍵となる数値指標や意義ある 行動指針を取り入れて、女性やマイノリティが経営する企業への支出比率を高め、女 性や少数グループの代弁者を増やして、2024 年までに具体的な改善を実践。業界団体 と協力し、業界への多様性豊かな人材の輩出を 2030 年までに大幅拡充。
  • レスポンシブル・ビジネス・アライアンス(RBA)の行動規範バージョン 6.0 と、ア プライド マテリアルズのビジネス行動規範および人権ポリシーを順守。

アプライド マテリアルズの社長 兼 CEO ゲイリー・ディッカーソンは、第 50 回 SEMICON West で 7 月 21 日に行われた基調講演の中で、ESG(環境・社会・ガバナン ス)の指針と目標について概略を説明しました。本イニシアティブは、その実践に向けた 広範なコミットメントの一環をなすものです。

SuCCESS イニシアティブは、アプライド マテリアルズの ESG サプライチェーン戦略を 強化するもので、業界全般の方針(RBA 行動規範、SEMI ガイドライン、アプライド マ テリアルズのビジネス行動規範など)に沿って、倫理的な労働慣行、責任ある紛争鉱物調 達その他の取り組みをサポートします。

イニシアティブの管理はアプライド マテリアルズが新設する SuCCESS オフィスが担 い、指標の管理、コンプライアンス監査、トレーニング、参加企業との調整などを行いま す。さらに 2021 年からは、毎年実施するサプライヤー エクセレンス賞にサステナビリテ ィのカテゴリーを新設する予定です。

SuCCESS イニシアティブの参加者には、Advanced Energy、Benchmark Electronics, Inc.、Foxsemicon Integrated Technology Inc.、日本ガイシ株式会社、Ultra Clean Holdings, Inc.、VAT など、世界各国の主要サプライヤーが含まれています。

サプライチェーン各社のコメント

Advanced Energy(CEO Yuval Wasserman 氏):
「アプライド マテリアルズの SuCCESS イニシアティブは、エネルギーおよび水の消費 節減とリサイクル実施の改善を通して資源を節約する、という当社の継続的なコミットメ ントに合致しています。当社がアプライド マテリアルズのイニシアティブにいち早く参 加を決めたことは、ISO 14001 環境マネジメント基準を順守する当社の姿勢とも一致しま す」

Benchmark(社長 兼 CEO Jeff Benck 氏):
「当社は、安全で尊重しあう職場を社員に提供し、社会的責任とサステナビリティを持っ て事業を営むことを信条としています。アプライド マテリアルズは、半導体サプライチ ェーンが資源の継続的な保全・保護を推進するために何をなすべきかを考えるきっかけを 作っており、当社は喜んで SuCCESS イニシアティブに貢献したいと考えています」

Foxsemicon Integrated Technology(CEO 兼 社長 Kevin Chiu 氏):
「当社のカーボンフットプリント削減に役立つ対策はどれも歓迎します。当社はロジステ ィクス ミックスを発展させてインターモーダル輸送オプションの比率を高め、アプライ ド マテリアルズの SuCCESS イニシアティブを支えたいと考えています」

日本ガイシ株式会社(常務執行役員、プロセステクノロジー事業本部副本部長 松田弘人 氏):
「サステナビリティに関する当社の理念は、地球環境を守り、産業の発展を支え、エネル ギーの未来を明るくし、世界中の人々に快適さや幸せをもたらすことです。このほど創立 101 周年を迎えた当社は、アプライド マテリアルズの SuCCESS イニシアティブをサポ ートする体制を充実させています」

Ultra Clean Holdings(CEO Jim Scholhamer 氏):
「サプライチェーンに求められるレジリエンシーは、業務のスピードやジャストインタイ ム納入だけではありません。サプライチェーンをリードする企業は、環境の守り手として の共同責任を自覚しており、そのためにはイノベーションを持ち寄って全体的課題の克服 を図る必要があります。アプライド マテリアルズが率先してこうした努力を進めている ことに感謝します」

VAT(CEO Mike Allison 氏):
「当社は天然資源を持続可能な形で利用し、環境への悪影響を軽減するよう尽力していま す。アプライド マテリアルズの SuCCESS イニシアティブは、責任あるサプライチェー ン慣行に継続して取り組むよう業界に促す、意義深い呼びかけといえます」

アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズ エンジニアリングのソリュー ションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイ の製造に寄与します。原子レベルのマテリアル制御を産業規模で実現する専門知識に より、お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライド マテリアルズはイノベ ーションを通じて未来をひらく技術を可能にします。

詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。

********************************************************************************

このリリースは 7 月 21 日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライ ド マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾 均)は 1979 年 10 月に設立。大阪支店、川崎オフィスのほか 16 のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポー ト体制を整えています。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社 広報担当 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com/ja

July 27, 2020