skip to main content

アプライド マテリアルズ イボンヌ・マギルを取締役に選任

報道資料
2019 年 8月 2日
(日本時間)

アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米 国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼 CEO ゲイリー・E・ディッカーソン) は 7 月 24 日(現地時間)、イボンヌ・マギル(Yvonne McGill)を取締役会の一員 に選任したことを発表しました。

アプライド マテリアルズ取締役会の会長トーマス・イアノッティは次のように述べてい ます。「経営と財務に精通して実績も豊富なイボンヌを取締役会に迎えることができ、嬉 しく思います。AIとビッグデータの台頭に伴い、コンピューティング性能と効率化の大幅 な向上が求められている今の時代は、アプライド マテリアルズにとって好機です。コン ピューティング業界で長年エグゼクティブとして活躍してきたイボンヌは、取締役会でそ の専門知識を大いに生かしてくれるでしょう」

マギル氏は現在、Dell Technologies(デル・テクノロジーズ)のインフラストラクチャ ー・ソリューションズ・グループの財務責任者兼シニアバイスプレジデント、および同社 グローバル・ファイナンシャル・プランニング・アンド・アナリシスのシニアバイスプレ ジデントを務めています。1997 年に Dell 入社以来、様々な財務部門においてリーダーの 役割を担い、アジア太平洋および日本向けコマーシャルビジネス担当シニアバイスプレジ デント兼財務責任者や Dell Inc.の財務統括役員を歴任しました。さらにデル財務リーダー シップ・プログラムを含む同社の社員能力開発プログラムのリーダーや、社員リソースグ ループ Women in Action の北米エリア共同委員長も務めています。Dell Technologies 以 前には、マンテック・インターナショナル(ManTech International Corporation)およ びプライスウォーターハウス(Price Waterhouse)で財務職を務めました。また、乳がん 財団 Susan G. Komenグレーターセントラル&イーストテキサスの理事も務めています。

アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズ エンジニアリングのソリュー ションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイ の製造に寄与します。原子レベルのマテリアル制御を産業規模で実現する専門知識に より、お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライド マテリアルズはイノベ ーションを通じて未来をひらく技術を可能にします。

詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。

********************************************************************************

このリリースは 7 月 24 日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライド マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾 均)は 1979 年 10 月に設立。大阪支店のほか 15 のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整えていま す。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社 広報担当 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com/ja

August 02, 2019