skip to main content

APPLIED TOPMET™ CLEAR

サーマル・ボート蒸着システムを、AlおよびAlOxのフレキシブル・バリアおよび有機トップコート向けのインラインTopCoatと組み合わせ。高エネルギー・プラズマサポート成膜ありまたはなし。

有機トップコーティング向けの2つの高度なAlOxプロセスおよびオプション

  • AlOx-ECONプロセスが、資本コストを最小化し、15~20ナノメーターの薄さのクリアなバリア膜をPET基板上に形成します
  • AlOx-HAD(Hollow Cathode Activated Deposition; ホローカソード活性化蒸着)プロセスは、ドイツのフラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム、プラズマ技術研究所FEPと共同で開発されたプラズマ支援成膜を採用しています。幅広いプラスチック・パッケージング・フィルム上に、バリア特性に優れた通常10ナノメーターの薄い層を形成し、AlOx層は「ガラスのように」透明です。

両方のプロセスが、アプライド マテリアルズの特許取得済みの堅牢なエバポレーター・ボート・デザイン、巻き取りシステム、層の厚さ監視用のインライン制御システムを統合しています。これらのイノベーションは共に、バリア性能や透明度がより高い、均一なAlOx層を形成します。