skip to main content

アプライドマテリアルズ役員の変更を発表
ボブ・ハリデイを暫定CFOに任命

報道資料
2021年10月4日
(日本時間)

アプライドマテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEOゲイリー・E・ディッカーソン)は10月1日(現地時間)、シニアバイスプレジデント兼CFOのダン・ダーン(Dan Durn)が10月15日付けで同社を退職し、Adobe Inc.のCFOに就任することを発表しました。

アプライドマテリアルズの前CFOボブ・ハリデイ(Bob Halliday)が暫定CFOに任命され、後継者の着任まで同職を務めます。

社長兼CEOのゲイリー・ディッカーソン(Gary Dickerson)は、次のように述べています。「過去4年間にわたってダンはアプライドマテリアルズに大きく貢献し、この期間、当社は利益ある力強い成長を遂げてきました。今後の彼のさらなる成功を願っています」

ダーンは次のように話しています。「当社が卓越した財務成績と株主への利益還元を達成したことを誇りに思います。アプライドマテリアルズの優秀な財務チームを率いることができ、光栄でした」

アプライドマテリアルズの2021年度第4四半期のガイダンスに変更はありません。

将来予想に関する記述について

本プレスリリースには、当社の2021年度第4四半期における事業と財務の将来予想に関する記述が含まれています。こうした記述やその前提をなす仮定はリスクや不確定要素に左右され、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。こうした記述が明示ないし黙示する帰結と実際の結果の間に大きな違いをもたらし得る要因としては、当社製品への需要水準、当社がお客様の需要に応える能力、および当社サプライヤーが当社の需要要請に応える能力;輸送の中断とロジスティクス上の制約;グローバルな経済・業界動向;地域的あるいはグローバルなエピデミックによる影響(新型コロナウイルス感染症パンデミックの深刻度と継続期間を含む);グローバルな貿易問題および貿易・輸出許可政策の変更;エレクトロニクス製品に対する消費者の需要;半導体への需要;技術や生産設 備に対する取引先企業のニーズ;所得税法の改正;当社が既存市場を拡大してシェアを伸ばし新規市場を開拓する能力;既存ならびに新開発の製品に対する市場の受容性;製品やセグメント間での営業費用や業績のばらつき、および当社が将来の業績・市況・取引先の要求・ビジネスニーズを正確に予測する能力;当社が証券取引委員会(SEC)に提出する書類(最新のForm 10-Qおよび8-K報告書を含む)に記載しているその他のリスクや不確定要素などがあります。将来の見通しに関する記述はすべて現時点における経営陣の推定、予測、仮定に基づくものです。アプライドマテリアルズは将来の見通しに関する記述を更新する義務を負っておりません。

アプライドマテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズエンジニアリングのソリューションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイの製造に寄与します。原子レベルのマテリアル制御を産業規模で実現する専門知識により、お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライドマテリアルズはイノベーションを通じてよりよい未来を可能にします。

詳しい情報はホームページwww.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。

********************************************************************************

このリリースは10月1日、米国においてアプライドマテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライドマテリアルズジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライドマテリアルズジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾均)は1979年10月に設立。大阪支店、川崎オフィスのほか16のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整えています。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライドマテリアルズジャパン株式会社広報担当(Tel: 03-6812-6801)
ホームページ:www.appliedmaterials.com/ja

October 04, 2021