skip to main content

Applied TopMet™

TopMetは、原材料と出力を効率よく使用し、プロセス制御は完全に自動化されており、操作が容易なので、全体のオペレーションコストを低く抑えることができます。定評のあるインライン膜厚モニターシステム及びボンディングの強さとガスの透過性を改善するインラインプラズマ前処理により、均一な膜厚を可能にします。

ロール・ツー・ロール成膜装置TopMetは、パッケージ産業に最新の生産ソリューションを提供する装置です。熱蒸着プロセスを使用し、保護包装の製造あるいは装飾用に、プラスチックまたはコーティングされた紙のようなフレキシブル基板上に薄いアルミの膜を成膜します。TopMetは、先進の高速蒸着源と閉ループの自動成膜制御、自己診断範囲外モニター、高性能のポンプシステムを備えています。TopMetは1,250mm幅から世界最大の4,450mm幅まで多様なコート幅に対応し、装置スピードは毎秒20mを誇っています。