skip to main content

薄膜封止(TFE)

アクティブマトリクス方式有機発光ダイオード(AMOLED)の材料が水分やパーティクルによって劣化するのを防ぐには、効果的な封止が重要です。封止性能は、有機ELデバイスの寿命および発光性能に直接影響します。薄膜封止(TFE)によって、より丈夫で軽いフレキシブル有機ELデバイスが可能になります。Applied AKT TFE製品ラインの鍵となるのは、フレキシブル有機ELの寿命を延ばす機能です。それには、多層ソリューションを提供することによって、水蒸気や酸素の透過率が非常に低い拡散バリアフィルムをバッファ層と組み合わせ、スタックフィルムの応力を解放し、上流プロセスでの避けられないパーティクルを覆います。これらの高性能フィルムは、100°C未満の低温で成膜され、環境要素にさらされた際に有機EL材料が劣化しやすくなるのに対応します。さらに、独自のビジョンアラインメント技術は、正確かつ精密なマスク位置決めと成膜を行い、それによって、ディスプレイメーカーは、露光とエッチングのプロセス手順を省くことができ、製造コストを削減できます。