skip to main content

アプライド マテリアルズ、エシスフィアの「世界で最も倫理的な企業2017」に選出

報道資料
2017年3月15日
(日本時間)

  • 高い健全性と倫理的な商慣行により6年連続で受賞

アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEOゲイリー・E・ディッカーソン)は3月13日(現地時間)、企業倫理基準の策定・推進において世界をリードするエシスフィア インスティテュート(Ethisphere Institute)により「世界で最も倫理的な企業2017(2017 World’s Most Ethical Company)」に認定されたことを発表しました。

アプライド マテリアルズの訴訟・保護・コンプライアンス担当バイスプレジデント、スティーブ・アダムズは次のように述べています。「当社は強固な倫理文化の構築に誇りを持っており、社員は日々、ビジネスについて適正な判断を下しています。当社が事業と地域社会の両面で信頼されるパートナーとして定評を得ているのは、全世界の社員のおかげと感謝しています」

アプライド マテリアルズは6年連続して世界で最も倫理的な企業に選ばれています。電子機器・半導体カテゴリーで選出されたのは6社のみで、倫理的なビジネス基準と商慣行で業界をリードするアプライド マテリアルズの姿勢が際立つ形となりました。

エシスフィアCEOのティモシー・アーブリック(Timothy Erblich)氏は、次のように話しています。「受賞おめでとうございます。アプライド マテリアルズはまさにこの賞にふさわしい企業で、その責任ある事業活動、世界各地の地域社会への一貫した投資、多様性と包含性を重視する姿勢などは、責任ある企業市民の模範といえます」

エシスフィアが主催するこの賞は、今年で11回目を迎えます。企業は、社会を動かして好ましい変化を促す役割を担っています。このことを認識し、事業活動が社員や投資家、お客様、その他主要ステークホルダーに及ぼす影響を考え、そうした価値や企業文化を日常的な意思決定の拠りどころとしている企業を表彰することが、この賞の狙いです。

「世界で最も倫理的な企業」の審査方法は、エシスフィアの倫理指数Ethics Quotient®(EQ)の枠組みに基づいています。EQは、企業の実績を客観的で一貫性のある基準に沿って評価するための数値化手法です。コーポレートガバナンス、リスク、サステナビリティ、コンプライアンス、倫理のあらゆる側面を網羅するのではなく、中核事業における確たる基準に的を絞って情報を収集し、包括的なサンプリングを行うことを目的としています。採点は、倫理とコンプライアンスプログラム(35%)、コーポレート・シチズンシップと企業責任(20%)、倫理文化(20%)、ガバナンス(15%)、リーダーシップ、イノベーション、評判(10%)という5つの主要カテゴリーについて行われます。

「世界で最も倫理的な企業2017」の全リストは、
http://worldsmostethicalcompanies.ethisphere.com/honorees/ に掲載されています。

アプライド マテリアルズの倫理的ビジネス行動の詳細については、www.appliedmaterials.com/about/crをご覧ください。

エシスフィア インスティテュートについて

エシスフィア インスティテュート(Ethisphere® Institute)は、企業特性、市場における信頼、事業の成功を醸成する企業倫理基準の定義・推進を行う機関として、世界をリードしています。エシスフィアはデータに基づく知見を活用した中核的な倫理基準の測定評価と定義に関する深い専門知識を有し、企業が企業特性を強化するための支援を行っています。さらに、「世界で最も倫理的な企業(World’s Most Ethical Companies)」プログラムを通じた優秀な企業の表彰、業界専門家が集うBusiness Ethics Leadership Alliance(BELA)の運営、倫理分野のトレンドやベストプラクティス(成功事例)を紹介する出版物Ethisphere Magazineの発行なども手がけています。エシスフィアの詳細については、http://ethisphere.comをご覧ください。

World’s Most Ethical CompaniesとEthisphereの名称とマークは、Ethisphere LLCの登録商標 です。

アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズ エンジニアリングのソリューションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイの製造に寄与します。原子レベルの材料制御を産業規模で実現する専門知識により、お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライド マテリアルズはイノベーションを通じて未来をひらく技術を可能にします。

詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。

********************************************************************************

このリリースは3月13日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライド マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾 均)は1979年10月に設立。大阪支店のほか14のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整えています。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社 広報担当 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com

March 15, 2017