skip to main content

アプライド マテリアルズにおける環境管理

アプライド マテリアルズは、環境を保全するとともに、社員、お客様、および近隣地域の健康と安全を守るような形で事業運営を行います。

サステナビリティポリシー&指針

アプライド マテリアルズは、利益を確保しながら成長し、環境と社会に対して責任ある形で事業を持続することに尽力します。当社の資源とテクノロジーリーダーシップを生かして、人々の生活を向上する製品を作ります。

指針

エネルギー効率

環境への影響を減らすとともに温室効果ガスの排出を最小限にするため、あらゆる事業で責任を持ってエネルギーを使用します。たとえば、エネルギー保全およびエネルギー効率改善に努め、また可能な限り非再生可能エネルギー源ではなく再生可能エネルギー源を利用します。

環境に配慮した設計

製品とサービスの設計では、天然資源とエネルギーの消費を減らし、廃棄物と二酸化炭素排出を抑えつつ、全体的な機能を最大化するよう配慮します。

公害の防止

高い再利用率とリサイクル率を維持することにより、事業で生じる廃棄物を最小限にします。

社員と社会への働きかけ

社員の環境意識を高めて環境問題への取り組みを促し、サステナブルな開発につながる公共政策展開に寄与します。

紛争鉱物

近年、コンゴ民主共和国及びその周辺国(総称して「DRC」)において、鉱物の採掘作業が武装勢力に支配され、彼らの資金源となっていることに対する国際的な関心が高まっています。DRCにおける暴力を抑制するため、米国は金融規制改革法(ドッド・フランク法)1502条において、電子機器及びその他多くの製品に使用されるスズ、タンタル、タングステン及び金など特定の鉱物又はその派生物に関する規制を盛り込みました。この規制では、鉱物がどこの地域で採掘されたかや、武装勢力の資金源になっているかにかかわらず、これらの鉱物を「紛争鉱物」と称します。同規制に基づき、米証券取引委員会(SEC)は1934年証券取引所法に条文13p-1と関連するForm SDを発令し、自社製品が「紛争鉱物」を含んでいる場合、特定の開示手続を行い、当該企業に関係するサプライチェーンへのデューデリジェンス手続の実施を義務付けています。

アプライド マテリアルズは、自社製品に使用される材料に対し責任ある調達をコミットしています。当社のサプライチェーンは広範で多岐にわたります。エレクトロニクス産業における他の企業同様、アプライド マテリアルズが購入するパーツには当該鉱物を含むものがあります。当社が当該鉱物を直接購入することはなく、また、採鉱場並びにこれらの鉱物を加工処理する製錬所と直接の関係を有することもありません。

アプライド マテリアルズは、当社サプライヤと共にこの重要な課題に取り組んでおり、まずは取引高上位のトップサプライヤ並びに紛争鉱物を使用している可能性が高いと考えられるサプライヤ数社との作業を重点的に進めています。Electronics Industry Citizenship Coalition (EICC) に加入している他のメンバー企業と共に、アプライド マテリアルズはConflict-Free Sourcing Initiative (CFSI) の協同活動に関与し、紛争鉱物の複雑な問題への理解を深め最善の措置を講じていきます。業界のこのような取組に参加することにより、アプライド マテリアルズはCFSIのコンプライアンス準拠精錬所リストの精度を上げ、増やす活動を支援しています。その中には、独立した第三者機関による監査で製錬所を特定する仕組みにより、調達がDRCコンフリクト・フリー鉱物であることを保障するCFSIのコンフリクトフリー製錬業者プログラムも含まれます。

紛争鉱物に関するアプライド マテリアルズの活動や、2016年に製造された製品に関する当社の調査結果については、SECに提出した2017年5月26日付Form SDと紛争鉱物レポート(こちら)をご参照ください。

 

環境・健康・安全(EHS)ポリシー

アプライド マテリアルズのEHSポリシー

アプライド マテリアルズは、環境を保全するとともに、社員、お客様、および地域の健康と安全を守り、事業運営を行います。

アプライド マテリアルズは、適用されるあらゆる規制要件以上の水準を達成すること、公害を防止すること、ならびにオペレーション、プロセス、製品における環境・健康・安全パフォーマンスの継続的改善に注力します。アプライド マテリアルズはサプライヤーに対し、環境・健康・安全パフォーマンスの改善を奨励します。

すべての管理者および社員は、組織内での各役割においてこのポリシーの実践を支えることが求められます。

アプライド マテリアルズは、当社の環境・健康・安全プログラムについて、すべてのステークホルダーからの意見や情報を歓迎します。

活動指標

二酸化炭素排出の削減目標を始めとする高い環境改善目標を設定し、活動の進捗を指標として公表していることは、環境問題に対する当社のリーダーシップの表れです。これは企業としての私たちの姿と、社会や環境に対する責任の効果的遂行を示すものです。環境フットプリントの最小化に向けた取り組みは、当社のあらゆる面、つまり人材、製品、利益のすべてを改善します。

EHS管理

EHSとサステナビリティに関するポリシーに基づき、グローバルなエンバイロメンタル ヘルス&セーフティ(EHS)グループの使命は、安全で健康的な職場環境を確保すること、安全で環境効率の高い装置をお客様に提供すること、地域社会で環境リーダーシップを発揮すること、ならびに、規制要件以上の水準を達成することです。これらはすべて、組織の全レベルにおける日々の努力、オーナーシップ、エンバイロメンタル ヘルス&セーフティへの支持によって可能になります。

EHSグループは広範なプログラムとサービスを管理します。また、職業安全、産業衛生、製品EHS(つまり製品の安全性と、環境に配慮した設計)、トレーニング、建設、火災安全と人命安全、請負業者の安全、環境管理、および保健サービスの分野で、EHS関連リソースを提供します。

アプローチに関しては、アプライド マテリアルズは管理システムの導入によって環境保護と環境・健康・安全リスクの制御に全力を注いでいます。当社のEHS文書管理はISO 9000に準拠し、システム構成要素の多くは、ISO 14000、OHSAS 18000、米国環境保護庁の自発的保護プログラムなどの国際的管理システム基準に沿って登録されています。EHS管理システム(EHSMS)の主な要素はパフォーマンスの「チェック」で、アプライド マテリアルズのEHSプログラムは内部監査機能も包含します。大規模なオペレーションは、事業の状況が許す限り、あるいは必要に応じて、少なくとも3年ごとに監査されます。米国以外では、通常、当社の内部監査人に各国の規制専門家が同行します。EHSグループはまた、電子業界CSRアライアンスの評価や、社内で作成したチェックリストを始めとする各種の自己評価ツールを使用して、プログラムの状態を定期的に評価します。EHSグループは現在、内部監査と外部監査との統合、つまりアプライド マテリアルズEHS管理システムがISO 14000、OHSAS 18000、および対象となるサステナビリティ規格/基準も同時に満たすように、同システムを強化中です。

認定一覧

New Corporate ISO 9001: 2008 Integrated Certificate

OrganizationRegistrarCertificationExpiry Date 
Applied MaterialsDNV
(197KB)
09.15.2018
For Business Process Excellence & ISO Certification related questions, please contact jayen_desai@amat.com. (Head-Global Business Process Excellence)

ISO 14001 & OHSAS 18001 Certifications

SiteStandardRegistrarCertificationExpiry Date
Austin, Germany, Israel, Italy, Montana, SCLA (NPI), Singapore, Switzerland, TaiwanISO 14001 (2004)DNV
(123KB)
02.16.2018
Austin, Germany, SCLA (NPI), Singapore and TaiwanOHSAS 18001 (2007)DNV 
(60KB)
12.08.2017
For EHS ISO and OHSAS questions, please contact bill_nichols@amat.com.

 

Global Clean Power Generation

The world is changing and at Applied Materials we are taking action to change it for a cleaner, brighter future. Our Energy and Environmental Solutions group is focused on technology and products that help reduce the need to burn fossil fuels and lower greenhouse gas emissions.

We source a portion of our electricity from renewable sources in the form of green power purchases from utilities, as well as several clean energy installations to our facilities around the world. In addition, solar photovoltaic panels installed at company sites in the U.S., Switzerland, Singapore and China generated nearly 3.6 GWh of energy. 2014 also marked the second-year in a row that Applied’s headquarters in Santa Clara, California harnessed 100% of its power from green energy purchases.

In 2014, Applied Materials was once again recognized for the company’s commitment to green energy, ranking No. 82 on the Environmental Protection Agency’s National Top 100 list of the largest green power users, as well as No. 13 on its list of Top 30 Tech & Telecom companies and No. 26 on its FORTUNE 500 list. Applied uses more than 67 million kilowatt-hours (kWh) of green power annually, which is equivalent to avoiding the carbon dioxide (CO2) emissions of nearly 10,000 passenger vehicles per year, or the CO2 emissions from the electricity use of more than 6,000 average American homes.

See below to learn more about the Applied Materials solar arrays and environmental benefits.

  • Arques Rooftop and Parking Lot Solar Arrays

    In October of 2008, Governor of California Arnold Schwarzenegger dedicated the company’s nearly 2 megawatt rooftop- and parking lot-based solar installation at its Sunnyvale, California R&D campus. The solar panels are expected to produce power for at least 20 years with a projected pay back in 7-10 years, and the installation represents a long-term financial investment in clean energy.

    Applied Materials is one of the largest purchasers of green power from Silicon Valley Power; all of the power serving our Santa Clara, California sites is 100% sourced from renewable energy. The company’s Sunnyvale solar installation provides an additional 4% of green energy toward the total electricity used on the R&D campus.

    Approximately 8,000 wafer-based solar panels were used in an area of more than two football fields in size; the panels are manufactured by Sunpower Corporation using Applied Materials equipment.

    The tracking system in the parking lot uses GPS technology to follow the sun throughout the day, increasing sunlight capture by 30% over conventional systems.  The panels are the most efficient on the market today, with the rooftop panels providing 18% conversion efficiencies and the parking lot tracker panels providing 20% conversion efficiencies. The electricity generated is equivalent to that used by approximately 1,500 homes. The panels replace an amount of carbon equivalent to the emissions of 450 passenger cars for one year or that absorbed by 667 acres of pine forests.

  • Harris Branch Solar Array

    In August 2007, Applied Materials installed a 24kW solar array at its Austin campus that will generate more than 34 megawatt hours annually.

    The pollution-free panels eliminate 54,390 pounds of carbon dioxide emissions each year, roughly the equivalent of planting eight acres of trees. At the time of installation, this was the largest array ever installed at an Austin business site.

  • Xi’an Global Development Center Solar Array

    Recognizing the growing potential of China’s high-tech manufacturing industry, Applied Materials established a Xi’an Global Development Center in 2006. The center supports customers’ needs in semiconductor equipment engineering and field services, as well as in factory automation software, process diagnostics and control, and equipment engineering. It also serves as a training and development center for customers, partners, and employees.

    In 2008, Applied Materials activated a 56 kilowatt solar array on the campus, the largest solar array in Xi'an at the time, which helps to reduce greenhouse gas emissions by more 65 tons per year.

  • Singapore Operations Center Solar Array

    Designed to meet stringent environmental standards, Applied’s Singapore Operations Center was awarded Singapore’s highest environmental honor – the Green Mark Platinum award – by the Singapore Building and Construction Authority.

    The Center features the largest thin film solar system in Singapore, a 400 kilowatt peak system that annually generates 450 megawatt hours of electricity – enough energy to power more than 100 apartments for a year.

    This system uses 5.7m2 PV solar panels, the most powerful in the world. Other fixtures include low-e glass curtain walls and a rainwater recycling system. These and other features are expected to result in energy savings of up to 30%.